大阪府堺市O宅

RIMG0536-e1539426764706
造成された土壌は粘土が混じり、水はけも悪い。地元の造園業者からは「土を入れ替えないと庭はできない」と断られ、我々が工事を行うことになりました。初の関西出張工事。
before
38a69fda96a276f4ec476fcb8e354e1e-e1539426618913
関西でよく見られる真砂土に、粘土が混じり、雨が降るとぬかるみ、乾燥すると固くなる。生き物の気配を感じられない土壌でした。
horizontal
after
S_8505265119002_LI-e1539426728832
水脈整備から始め、土壌に空気を通し、徐々に植物が植えられる環境に改善していきました。今回は植栽だけでなく、外構工事も行いました。
S_8505265735704-e1539425692805
ウッドフェンスと雑木の木立。植栽した後は、微生物がたっぷりの落ち葉やバーク堆肥を敷き詰めました。
IMG_20180614_080456
敷地外周や植え込み地に沿って溝を掘る。水脈整備は特に念入りに行いました。結果、土壌を入れ替える事はありませんでした。
S_8505266272435-e1539425591438
ウッドフェンスや自転車置き場は全て白色で統一。園路は固まる土のハナマサを使用しました。